FunVanLife
バンで旅して車中泊
あなたはどこへ?
車中泊装備

【まとめ】車中泊に向く車、向かない車一覧(日本人男性編)

車中泊デビュー準備中のみなさん、こんにちは!

私は、ハイエースで車中泊を始め、3年目となります。家族3人、月1回ぐらいで、渋滞のない空いている時間を移動し、そこで美味しいものを食べ、車中泊で一泊、次の日遊んで、帰ってくる、という楽しみ方をしています。

私のハイエースは、DIYで寝床を作り、その下に収納を用意。遊び道具である、カヤック、ペール缶タンドール窯を積んでいます。

車中泊を始めるにあたり、SUVがいい?ミニバンがいいかも?と、WEBで調べたり、実際見に行ったりしているかと思います。その過程も楽しいものです。私もいろいろ調査をしました。車中泊特集のWEBも組まれたり、まさにブーム真っただ中!

しかし、いわゆるメディアの車中泊特集は、評価が甘め!ネガティブなこと、書けない立場ですからね。

今回は、明らかに車中泊可能な、ハイエース、レジアスエース、キャラバンあたりは排除して、通常の乗用車が車中泊できるか、辛口評価したいと思います!

車中泊に向く車の条件

この記事では、平均的な身長と座高を持つ日本人男性をモデルに、車中泊に向く車の条件を示します。

フルフラットにしたとき、凸凹がないこと

ミニバンに多いケースですが、後部座席をフルフラットできる!というものの、凸凹・・・。これでは、体が痛くなって、安眠できません!ベッドキットを置けばいいじゃないか、布団を敷けばいいじゃないか、という意見もありますが、荷物が増えますので、お勧めできません。

天井高が100cmあること

寝床で上半身起き上がった時、首を曲げないといけない場合、寝起きも悪くなります。そして、あまりに天井が低いと、棺桶に入っている気分になります。日本人男子の平均座高は91cmですので、100cmぐらいあったほうが良いでしょう。

足が延ばせる奥行

足を曲げないと寝れない空間の場合、安眠ができません。日本人男性の平均身長は170cmぐらいですので、余裕を見て、180cmぐらいは欲しいものです。

トヨタ車で車中泊に向く車、向かない車

トヨタ車で、車中泊可能な条件をすべて満たしたものはありませんが、すこし甘目に見た場合、ランドクルーザ、プラド、RAV4、カローラフィルダー。

車種車中泊最適度理由
アルファード、ヴェルファイア、
ボクシー、ノア、エスクァイア
X後部座席をフルフラットに倒せるが、凸凹あり
C-HR、ヤリスクロス、ライズX足が延ばせない
ハリアー×足が延ばせない、天井も低い
ランドクルーザーセカンドシートまで格納すればフラットな空間。
しかし、奥行168cmと少し短め。
プラド奥行180cm、天井高い。
しかし、腰当たりに段差ができる。
ハイラックス大きな荷台だが外。奥行が156cmと短い。
RAV4後部座席を倒すと奥行180㎝確保可能。
しかし、天井まで81cm。
カローラフィルダー後部座席を倒すと奥行200cmのフルフラット!
しかし、天井まで73㎝。
プリウスα×後部座席をフルフラットに倒せるが、凸凹あり

日産車で車中泊に向く車、向かない車

日産車で車中泊可能な条件をすべて満たしたものはありませんが、XTRAILは、甘めに評価すると可能です。

車種車中泊最適度理由
エルグランド、セレナ×後部座席をフルフラットに倒せるが、凸凹あり
XTRAIL後部座席を倒すと段差のないフルフラット
奥行174cm 高さ84cmと、若干小さめ

ホンダ車で車中泊に向く車、向かない車

ホンダ車で車中泊可能な条件をすべて満たしたものは、モビリオスパイク、フリードスパイク、フリード、CR-V。ただし、モビリオスパイク、フリードスパイクは中古しかございません。甘目に評価すれば、ステップワゴン、シャトルも可能になります。

車種車中泊最適度理由
ステップワゴン2列目シートを一番前まで詰めて、3列目を折りたたむと、
奥行175cmの小さめの空間ができる。
オデッセイ×フルフラットに倒せるが凸凹あり
シャトル後部座席を倒すと段差のないフルフラット。高さ85cm
モビリオスパイク*中古車のみで入手可
フリードスパイク*中古車のみで入手可
フリードプラス
フリード×フルフラットに倒せるが凸凹あり。
CR-V
ヴェゼルフルフラットに倒せるが、奥行168cm。

マツダ車で車中泊に向く車、向かない車

マツダ車で車中泊可能な条件をすべて満たしたものはありませんが、甘めに評価すれば、CX-3,CX-5,CX-8,MAZDA6が可能です。

車種車中泊最適度理由
CX-3フルフラット可能だが、天井が低い
CX-5フルフラット可能だが、天井が低い
CX-8フルフラット可能だが、天井が低い
MAZDA6フルフラット可能だが、天井が低い

三菱自動車で車中泊に向く車、向かない車

三菱自動車は、車中泊に適した車は少ない。

車種車中泊最適度理由
エクリプスクロス×フルフラットにしても、奥行156cmと短い
アウトランダーフルフラット可能だが、奥行165cmと短め。
RVRXフルフラットにしても、奥行150cmと短い
デリカXフルフラットに倒せるが、凸凹あり

スバル車で車中泊に向く車、向かない車

スバル車は、工夫すれば車中泊可能なケースもある。

車種車中泊最適度理由
レガシーアウトバックフルフラット可能だが、奥行170cmと短め。
フォレスター天井まで81cm。
XV奥行 170cm , 天井まで70cm 、フルフラット可能だが、後部座席と荷室の間にギャップあり。
レボーグ奥行160cm、天井まで76cm、と小さめ

まとめ

通常の自家用車で車中泊に向く車は、非常に少ないです。

フルフラットにしても、凸凹が残るケースがあり、ベッドキットを載せて車中泊をするか、集めのクッションで凸凹を吸収する必要があります。

【楽天Car車検】ENEOSでお得に車検!