ハイエース購入前の注意点

【徹底比較】ハイエース買うなら新車? 中古? メリットデメリットは?

この記事は、ハイエースの購入において、新車で買うか、中古で買うか、それぞれのメリットデメリットを解説します。

アイコン名を入力

家も賃貸、車もレンタカー、カーシェア。
持たざることが人生に自由をもたらす、と信じていた私がなぜハイエースをかったのか?
もっと自由でオリジナルな旅を家族でしたかったからだ!

人生初のマイカーがハイエース。
新車を買うか、中古を買うか嫁と議論した、メリットデメリットをまとめたよ。
私の経験が、バンライフを目指す方の参考となりますように

びっくりするハイエースの本当の価格

商用車のハイエース。

全く高級感もなく、街中でも走り回っているハイエース。

職人さんの足として働いています。

その辺でよく見ている訳で足、安いんもんだろう、とナメテいましたが、

しかし、ディーラーに行ってみると、驚きの価格!

アイコン名を入力

お勧めのオプションとか付けたら、乗り出し価格400万円ぐらいですね!

おい、そんな高いのかよー!

その金額、ポイポイ払えるものではありませんぞ!

バンライフで買うべきハイエースはスーパーGL

ハイエースをファミリーカーとして使う場合は、スーパーGLのグレードがオススメです。

その理由は、一つ下のグレードであるDXは、人を荷物として運ぶような仕様のため、家族には優しくないのです。

例えば、後部座席はベンチシート、シートベルト無し!
内装も無しで、鉄骨丸出し!

そのため、スーパーGL一択となるのです。

新車のハイエース スーパーGLは320万円~

ハイエース スーパーGLの新車は、320万円くらいします。

ここに、諸経費1割ぐらい載せて350万円。

メーカーオプションを載せていくと、400万円を超えるお見積もりが出ます。

中古のハイエース スーパーGLは100万円~300万円

中古のハイエースの相場はおおよそ、

◎走行距離
◎年式

で、相場が決まります。

走行距離と価格の関係

以下の表は、カーセンサーの中古車価格の統計情報

走行距離10万~15万キロでも100万円以上で取引されるのがハイエース。

よって、10万キロ近辺で、100万円を切ると、お値打ち価格ということ。

アイコン名を入力

私は2005年製造の中古ハイエースを車両本体価格77.8万円で購入。
・2000cc ガソリン 2WD
・スーパーGL
・色 シルバー
・走行距離約 11万キロ
・修理歴無し!

100万円を切る値段で買えた理由は・・・
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【私の見積もり丸裸】中古のハイエース・バン スーパーGLの乗り出し価格は? アイコン名を入力 ハイエースを買うと心に決めた!でも、車体価格のほかに、どんな経費が必要なのだ?乗り出し価格ってなんだ? アイ...

新車ハイエースのメリット デメリット

車を乗るなら、安心して乗りたい、という方には、新車が断然お勧めです!

メリット

保証がある!

新車から3年間または6万km走行時点のいずれかの早い方までが保証期間。

あなただけのハイエース

傷一つない、誰にも抱かれていない貴方だけのハイエース。

あなたのお好みの色にしてしまえばよいじゃないですか。

車検時の整備費用が安くなる可能性

ハイエースは毎年車検。
新車で購入して不具合がでることはめったにないですから、
車検を通すための整備費用は安く抑えられる可能性があります。

デメリット

納車まで半年待ち!

人気車種で、受注生産のため、半年はかかりますよー、とのこと。

2022年現在では、半導体不足が自動車の生産にも影響しています。

半導体不足でトヨタ減産、今年度の生産台数850万台見通し

傷つけた時の、心のダメージ大

車体は人を守るためにあるわけですから、傷ついてもいいはずなのですが、愛車に傷がつくと、落ち込みますよね。

中古ハイエース購入のメリット デメリット

世界のトヨタが作るハイエース、そう簡単に壊れるはずがない。

バンライフで遊ぶので、ピカピカの新品よりも中古の方が気軽!

という人は、中古ハイエースがオススメです。

修理歴のないものを選ぼう

修理歴とはなにか。

「交通事故やその他の災害により、自動車の骨格部分の交換や修正をした経緯があるもの」

日本自動車査定協会ウェブサイト

中古市場では、修理歴の有無も記録されていますので、修理歴が無いものを選べば、より安心できます。

修理歴があると、何が起こるか。

走っている時に、車にきしみ音が出たりするらしい。
扉の開閉の立て付けが悪い、とかもあるらしい。

中古自動車の店員の方からも、レジャー用途、ファミリーカーとして使うのであれば、安全を考慮して、オススメしないとのこと。

ちなみに修理歴のあるハイエース、誰が買うのか?
ハイエースを仕事道具にする職人さんは、走ればいい、という感覚で購入されるらしい。

バンライフとして、人生を楽しむ派の方は、修理歴無しのハイエースを選ぼう。

メリット

走行距離、年式の条件を妥協すれば安く入手可能

走行距離が10万キロを超え、年式が10年以上ですと、100万円前後で購入の可能性あり。

走行距離、年式は妥協しても、事故車とかはつかまないようにしましょう。

安くて状態の良いハイエースを見つける検索条件はこちらを見てください↓

「優良」なハイエースの中古を激安で買う方法 アイコン名を入力 ハイエース欲しいけど、新車は324万円もするのか!買えないよ! でもハイエース欲しい!中古でいいから激安で、優...

契約から納車が1か月程度、すぐに乗れる!

新車と違うところは、受注生産じゃありませんから、すぐ乗れる、というところ。

特に今、半導体不足で、新車の生産は減速していますから、

「今すぐ乗りたい!」

という人は、中古車がオススメです。

高い買い物ですから、購入を決意するには、それなりの心構えが必要。
中古ハイエースの場合、すぐに納車ですから、高ぶった気持ちのまま、ハイエースに乗れます!

デメリット

前のオーナーが喫煙者の場合、臭いが残っている可能性

購入前に店舗に出向いて確認するか、問い合わせて確認をしてもらいましょう。

ボディに擦り傷、へこみなどある可能性

これは、ほぼあると考えた方がよいですね。

しかし、修理歴がなければ、よし、としましょう。

修理歴とは、

「交通事故やその他の災害により、自動車の骨格部分の交換や修正をした経緯があるもの」

日本自動車査定協会ウェブサイト

修理歴がある車は、事故車と考えてよいでしょう。

ボディのヘコミや傷はOK。

修理歴のあるものは避けることが大事

保証期間が短い。

中古車事業者とプランによりますが、一般的に1~3ヵ月程度、もしくは走行距離1,000km~3,000kmまでの短期間の保証となります。

買おうと決めたものが、他の人に購入されてしまう可能性

中古車は1点もの。

優柔不断の場合、誰かに先を越されて、買えずに時間だけが過ぎていきます。

譲れない条件をセットし、そこに合致したら、迷わず購入する必要があります。

安くて良い中古ハイエースを見つけるオススメの検索条件はこちら↓
検索条件をセットしたカーセンサーへのリンクも用意してあります!

「優良」なハイエースの中古を激安で買う方法 アイコン名を入力 ハイエース欲しいけど、新車は324万円もするのか!買えないよ! でもハイエース欲しい!中古でいいから激安で、優...

故障リスクが高く、修理代が高額になることも

ハイエースは年に1回車検があります。
車検に通すために整備をするわけですが、中古の場合、修理箇所が多くなって、費用がかさむ可能性もあります。

まとめ

アイコン名を入力

安心を最優先とするならば、

新車で購入の一択!

でも、半導体不足の影響もあり、契約しても半年以上待たされてしまう。

アイコン名を入力

費用を抑えたい、今すぐ乗りたい、車の状態は妥協できるならば、

中古で購入がオススメ!