FunVanLife
バンで旅して車中泊
あなたはどこへ?
ハイエース購入前の注意点

「優良」なハイエースの中古を激安で買う方法

アイコン名を入力

ハイエース欲しいけど、新車は324万円もするのか!買えないよ!

でもハイエース欲しい!中古でいいから激安で、優良なものが欲しい!

アイコン名を入力

新車のハイエース スーパーGLは324万円の価格設定!
アウトドアで遊び倒し、傷つけるかもしれないのに、300万って、高すぎ!

と思ったあなたにオススメは中古ハイエース!

カーセンサー、価格COMで、激安・優良ハイエースを見つけられるリンクも用意した!

ハイエースは中古でも頑丈だ

ハイエースの魅力は頑丈さ。

商用車で毎年車検のため、車は良好に維持される傾向にもある。

ハイエースで月まで行って、帰ってこれると言われるほどの耐久性を持つ。

ちなみに地球と月の距離は38万キロ、往復76万キロです!

私も、10年落ち、11万キロ走行の中古ハイエースを、すべて込みで100万円で購入した!

若干のへこみ、擦り傷は許容済み。自分も、擦ってしまうでしょうから。

以下では、優良中古ハイエースを見つける検索条件を徹底解説します。

激安で状態の良い中古ハイエースを見つける検索条件

以下の検索条件の設定項目は多い。

しかし、ここまで具体化しておくと、見るべきものが10個程度まで絞れる。

あまりに候補が多いと、人間は判断ができない。また、あれもこれも目移りして、時間の無駄だ。

よって、以下条件を設定し、狙いを澄まして、購入しよう。

中古車は一点もの。逃すと買えない。

しかし、ハイエースの中古市場の流動性は高いので、少し待っていたら、安くて良いものが見つかる。

レジアスエースも対象

「レジアスエースってなんやねん!欲しいのはハイエースやねん!」

と突っ込みたい方、要るかと思うが、この二つは名前違いで中身同じ。
双子のマナカナ、亀山兄弟、ザ・タッチと同じようなものと考えよう

なぜ、同じものが違う名前になったのか。

トヨタの販売チャンネルには、トヨペット、ネッツトヨタ、というのがあるが、

  • トヨペットはハイエース
  • ネッツトヨタはレジアスエース

という大人の事情によるもの。

中身は同じなのでどちらでもよい。

レジアスエースの方がマイナーな分、ちょっと安いときがあるらしい。

同じものなら安いほうがいいに決まってる!

ガッツリDIYしてバンライフをするならDXを選ぼう

DXのグレードは完全に商用車。
内装は何にもなく、鉄フレーム丸出しなので、スケルトン状態。

バンライフ目的で、防音、断熱、天井・壁、ベッドと、がっつりDIYするなら、最初からスケルトンの方が良い。

この写真の通り、DXの荷室はフレーム丸出し状態。

ガッツリDIYしたい人にとっては、取り外す手間も省けるので、DXを選ぼう

ファミリーカーとして購入するならスーパーGLを選ぼう

スーパーGLは、商用車のハイエースとしては、より乗用車に近い内装である。

DXの場合、後部座席はベンチシートで、人を荷物として運ぶ扱い。
スーパーGLの場合、枕付き、シートベルトあり、なので、チャイルドシートも取り付け可。

家族から、「ふざけてんのか・・・」とは言われない。

ファミリーカーとしてハイエースを購入するときは、スーパーGLを選ぼう。

修理歴のないものを選ぼう

法令順守した中古自動車屋であれば、修理歴の情報を正確に開示している。

修理歴とはなにか。

「交通事故やその他の災害により、自動車の骨格部分の交換や修正をした経緯があるもの」

日本自動車査定協会ウェブサイト

修理歴があると、何が起こるか。

走っている時に、車にきしみ音が出たりするらしい。
扉の開閉の立て付けが悪い、とかもあるらしい。

中古自動車の店員の方からも、レジャー用途、ファミリーカーとして使うのであれば、安全を考慮して、オススメしないとのこと。

ちなみに修理歴のあるハイエース、誰が買うのか?
ハイエースを仕事道具にする職人さんは、走ればいい、という感覚で購入されるらしい。

バンライフとして、人生を楽しむ派の方は、修理歴無しのハイエースを選ぼう。

走行距離は13万キロ以下

通常の乗用車は、10万キロ走ったら寿命と言われている。

しかし、ハイエースは、他の車より頑丈に作られている。
日本で30万キロ近く走り、その後、大陸に売られ、100万キロ越えて走るらしい。

https://carblo.net/hiace-running-distance

とはいえ、20万キロのハイエースを入手して乗るのは、なんとなく怖いので、四捨五入して10万キロになる13万キロ以下とした。

エアバッグは運転席・助手席両方つけよう

もしもの時の備えて、大事な人を守るためにもエアバッグは運転席・助手席両方つけよう。

新車のハイエースであれば、もれなく助手席もエアバッグがついているだろう。

しかし、安いハイエースをねらう場合、古い型になる。
その場合、助手席エアバッグはオプション扱いでついていないケースがある。

助手席のエアバッグも忘れることなくつけよう。

価格は120万上限

ここは人によってお財布があるので、各自で設定してほしい。

私は銀行のマイカーローンを使う。
5年間月2万円ぐらいで乗ろうとした。

2万x12か月x 5年 = 120万

この価格となった。

お店は日本全国

あなたのお住まいの近くの中古屋さんを選ぶ必要は特にない。
チェーン店であれば、近くまで持ってきてくれる。

また、地域によって、ハイエースの価格差があるものだ。

私のハイエース スーパーGLは、仙台で売られていた。
走行距離11万キロで70万円と相場より安かったので、理由を聞いたら、

「東北で2WDは売れないよー」

東北に住んでいた自分としては納得。みんな4WDに乗る。

ネットで見つけ、メールで連絡。
車の状態について、ネットに書かれていない
「たばこのにおいの有無」
「後部座席のシートベルトの有無」
を確認し、相模原のチェーン店まで運んでくれた。

カーナビの装備有無は気にする必要なし

カーナビがついていた方がいいのでは、と思う人もいるが、中古車についてくるカーナビは不要だ。

ホトンドのケースで、その中古車が走り始めたころの古いカーナビが搭載されている。
地図の更新もされていない。
最新地図を買うにもお金がかかる。
もしくは、最新地図はもう未対応である。

しかし、カーナビにお金をかけることもなく、カーナビは手に入る。

それは、あなたのスマホにある。

Google Map、ヤフーカーナビで、スマホがカーナビに変身!

ほとんどの日本人は、iphoneか、アンドロイドのカーナビを使っているはずだ。
これを使えば、追加投資無く、最新の地図が入ったカーナビが手に入る。

よって、中古車でカーナビの装備を気にすることはない。

バックモニターの装備有無も気にする必要なし

バックモニターがあったほうがいいのでは、と思う人もいるだろう。
しかし、これも不要だ。

中古のハイエースでついてくるバックモニターは、バックするときだけ、後ろの様子がカメラが見えるものだろう。

これがあれば、バックで駐車するとき、助かる。

しかし、ハイエースの本当の問題はそこだけではない。

運転中の後ろの様子が、標準装備のインナーミラーでは確認しづらい。
なぜなら、車体が長く、荷室もあるからだ。

インナーミラーもデジタル化したほうが運転がしやすくなる。
しかも、デジタルインナーミラーならば、録画機能も付いているので、もしもの時にも安心だ。

【いやん!後ろが丸見え】ハイエースにデジタルインナーミラーを後付け!おすすめランキング!  アイコン名を入力 ハイエースを購入したぞ!サイドミラー、インナーミラーをセットしていざ発進! ナニコレー、後方の状況が全然わから...

カーセンサーでの中古ハイエースを見つけよう

上記検索条件を1個ずつ設定するのは非常に骨が折れる。

あなたがいち早く安くて状態の良いハイエースを手に入れられるように、上記検索条件を設定済みのリンクボタンを用意した。

以下をクリックして、定期的にメールが来るように通知設定をすれば、かならず素敵な相棒に出会えるはずだ!

価格COMでは、グーネット、車選びドットコム、オークネットJPの中古車ハイエースが見つかる

カーセンサーだけでは、安くて状態の良いハイエースを取りこぼす可能性がある。

そのため、グーネット、車選びドットコム、オークネットJPの中古車情報が集まる、価格COMでの、設定済みリンクボタンを用意した。

以下をクリックして、メール通知を設定しよう。きっと、あなたの相棒に出会えるだろう。

カーセンサーでの検索条件のやり方

車種の設定

まず、トヨタを選びましょう。

次にハイエースバンを選びましょう。

そして、ここでコツがあります。レジアスエースも選びましょう。これは、名前が違うだけで、全く同じものです。

購入地域の設定

次に地域設定です。近所が良ければ、ご自身の県に設定。しかし、優良中古を見つけるチャンスは下がります。チェーン店を持つ中古屋さんでしたら、お近くまで運んでくれます。

詳細条件の設定

次に詳細条件を設定して、絞り込みを行います。

予算上限の設定/走行距離/修理履歴無しの設定

お支払い可能な条件を設定しましょう。

希望の走行距離の上限を設定しましょう。月まで行けるほど、走れるとはいえ、13万キロぐらいを上限にしてみましょう。そして、大事なのが、「修理歴無し」

安全装備は大事です。エアバッグは、運転席、助手席につけておきましょう。なお、ハイエースの後部座席のシートベルトがないモデルもありますが、後付け可能です。私のハイエースも、購入時に着けてもらいました。+5万円ぐらいでした。

フリーキーワードに、希望モデルの、「スーパーGL」を設定しました。空欄でしたら、すべてのモデルがでます。

最後に、メール通知設定をしておきましょう。

これで、検索条件設定完了です。かなりの数が絞られましたが、あなたの条件に合うハイエースがきっと見つかるはずです。

それでは、Happy Fun Van Life !

【楽天Car車検】ENEOSでお得に車検!