ハイエースで車中泊の旅!バンライフの始め方

【冬の車中泊】防寒対策は「ニトリの電気毛布」「ポータブル電源」「羽毛ふとん」

真冬の車中泊。寒いと人は寝れなくなります。寝たら死ぬと習ったから?

快適な車中泊を実現する方法を教えます。

大失敗!甘く見た冬の車中泊!寒すぎて寝れない!

千葉県君津市亀山湖。

そこは関東なのに星空がとてもきれいに見える場所!

家族3人で、冬休みを利用して、澄み切った真冬の夜空を楽しみ、

車中泊で寝て、朝焼けを見ながら優雅なコーヒーを。

バンライフだからできる贅沢な時間です。

外の気温は0度ぐらい。

ヒートテックにフリースを着て、スキーウェアを着て寝れば大丈夫!

と思っていましたが、舐めていました。

寒すぎて寝れない!

冬の車中泊 体が冷えるメカニズムはこれだ!

ハイエースの荷室エリアに、自作の車中泊をセットしております。

ベッドの上に毛布を敷き、厚着をして寝れば大丈夫かと思いましたが、とても寒いのです!

ベッドキットの隙間からの冷気が背中を冷やす

ベッドキットはDIYで作りました。

ベッドの板は4枚構成になっています。板のの隙間から冷気が侵入します。

その冷気が、スキーウェア、フリース、ヒートテックを通り越して、背中を冷やします!

天井、窓ガラスで冷えた空気が体の上面を冷やす

ハイエースの天井、窓ガラスで室内の空気が冷やされます。

冷えた空気は重くなって、スーッと降りてくるのです。

まるで、雪女のため息のようなものが、私の顔にふわっと来るんです!

体に冷えた重い空気が纏わりついたようになります。

だめだ、寝れない!夜中2時ぐらいにギブアップして、家に帰りました。

真冬の車中泊 防寒対策の方法

①断熱シートをベッドに敷き、下からの冷気を遮断

100均で売られているアルミ+発砲の断熱シート 180㎝ x 180cmの大型のものを300円で購入。

これを敷くことで、隙間からの冷気を遮断します。

②熱源として低消費電力の「ニトリの電気毛布」「ポータブル電源」

ニトリの電気毛布は、低で13Wh、高で27Whと低電力。

仮に、7時間寝る場合、低で利用した場合91W。高で利用した場合、189W。

250W~300Wの小さいサイズのポータブル電源で充分やっていけます。

Jackery240を利用していますが、朝まで十分持ちます。

ニトリの電気毛布が敷き渡らないところは、毛布を敷いておきました。

③羽毛掛け布団で保温

冬の間、家で利用している羽毛掛け布団を持っていきました。

ニトリの電気毛布による熱、人による熱が保温され、快適な就寝環境が出来上がります。

電気毛布の電源にポータブル電源が必須

ニトリの電気毛布は 低で13Wh、高で27Wh。

仮に、7時間寝る場合、低で利用した場合91W。高で利用した場合、189W。

250W~300Wの小さいサイズのポータブル電源で充分やっていけます。

難易度が高いDIYで電源!素人がやると失敗する!

当初、ニトリの電気毛布の電源を、Longの密閉型バッテリーとインバーターを購入して、DIYで実現しました。

車中泊前に、Longバッテリーを部屋で充電してから、車に持ち込む使い方をしていました。

1回目の冬は問題なく動きましたが、バッテリーの使用頻度が低い夏の間に放電してしまい、秋の試運転の時には、バッテリーに充電ができなくなってしまいました。

また、このLongバッテリーは、とても重いので、持ち運びが大変でした。

この手のバッテリーの維持管理は慣れないと難しいです。

オススメのポータブル電源はJackery !

ポータブル電源は、様々なメーカーから出ております。

特にamazonでポータブル電源を検索すると、聞いたことのないメーカーのものもあります。

よーくレビューを見ていくと、安いものだと電源の劣化が激しく、すぐ使えなくなる。

そして、サポートもしてくれない、という悲劇があるようです。

保証が24か月つくJackeryがオススメです!

Jackery ブランドは、創立メンバーにAppleの元バッテリーエンジニアが加わり、2012年米国にてJackery Incとして設立され誕生いたしました。
「Jackery」の語源は「Jacket」と「Battery」を組み合わせたもので、「まるで身に着けるように、バッテリーを簡単に使えるようにしたい」という思いが由来となって名付けられました。

1泊の冬の車中泊をするのであれば、Jackery 240で充分のサイズで充分。

サイズも小さく軽い!

2泊以上する場合ですと、もう1個上のモデル Jackery 400がオススメ

私もJackeryを利用して、冬の車中泊、楽しんでいます!