ハイエース購入前の注意点

ハイエース・バンをファミリーカーとして購入するときの注意点

アイコン名を入力

ファミリーカーでミニバンを検討していましたが、ハイエースで車中泊、バンライフって楽しそう!

ハイエースをファミリーカーとして購入する場合の注意点について教えて!

アイコン名を入力

【筆者】
ハイエースをファミリーカーとして運転して4年目突入!
車中泊&MOREとして、SUP、カヤック、釣りなども詰め込んで
楽しんでいます!
初めてハイエース購入検討する方向けに、注意点を解説します。

・選ぶべきグレード
・後部座席のシートベルト有無の確認
・助手席エアバッグの有無の確認
・ディーゼルは必要?
・4WDは必要?
・運転時の不安点
 ・見えずらいインナーミラーの解決策
 ・風に煽られやすい?
・盗難対策

【注意点①】ファミリーカーとして最適なのはSuperGL一択!

ハイエース・バンには3種類のグレードがあります。

それぞれの特徴は以下の通り。

DX完全商用車。内装ナシ。
後部座席はベンチシートで乗り心地最悪。
後部座席にシートベルトが無いケースもあり。
チャイルドシートの取り付けができない。
GLパッケージ見た目はSuperGL。中身はDXと同じ商用車仕様。
後部座席はベンチシートで乗り心地最悪。
後部座席にシートベルトが無いケースもあり。
チャイルドシートの取り付けができない。
スーパーGLファミリーカーとして使えるハイエース。
後部座席は普通車と同等のシート。
乗り心地は普通。

DX、GLパッケージは、ファミリーカーとして不向きな理由

ファミリーカーとして不向きである理由は、後部座席がベンチシート。

ベンチシートとは、クッション性も最低限、快適性は皆無のシートだ。

写真:トヨタハイエースカタログより

このシートは、

  • 乗り心地が最悪
  • チャイルドシートの取り付けができない

と、家族に不評間違いなし!

嫁からは、 「私はお荷物ですか?」と言われて、離婚の種をまくだけだろう。

絶対にDX、GLパッケージをファミリーカーとして購入してはいけない。

ファミリーカーとするならばスーパーGL一択!

ハイエース・バンの中で、スーパーGLだけが、ファミリーカーとしての資格がある。

後部座席が、普通の乗用車と同等のシートで、クッション性もあり、リクライニングも可能だ。

写真:トヨタハイエースカタログより

子供がいる場合は、チャイルドシートを取り付けて、旅行にも行ける!

【注意点②】後部座席にシートベルトの有無を確認しよう

ハイエースをファミリーカーとするならば、後部座席のシートベルトは必須だ。

しかし、中古ハイエースの場合、スーパーGLでも後部座席が無い場合がある。

私も中古ハイエース・スーパーGLを購入したとき、後部座席にシートベルトが無かった。

シートベルトの有無は写真でもわかるだろうし、業者に問い合わせればすぐわかる。

シートベルトが無い場合は、シートベルトを後付けしよう

ファミリーカーとして利用するのであれば、家族全員の安全が第一だ。

後ろの席は、シートベルトが無いからと言って、無いまま運転することは危険だ。

特に、チャイルドシートを使う必要のある子供がいるファミリーカーとして利用する場合、シートベルトは必須。

しかし、心配することはない。

部品代と作業費込みで5万円程度で、後部座席のシートベルトは後付け可能だ。

私は、納車前に、後部座席にシートベルトを取り付けてもらって、無事ファミリーカーとして格上げされて納車された。

【注意点③】家族の命を守るため助手席のエアバッグの有無を確認しよう

万が一の時、家族の命を守るためにも安全装備は大切。
助手席のエアバッグもケチらずにつけよう。

ハイエースはエンジンが前列席の下にある。
普通のファミリーカーのようなボンネットが無い。
まるでブルドッグ。

ボンネットがある車は事故の際、衝撃を吸収してくれる。
しかし、ハイエースの場合は、吸収してくれるボンネットが無い。
痛いで済めばいいが、遺体になるのは嫌だ。

よって、助手席のエアバッグも装備しよう。

古い型式のハイエースの場合、助手席のエアバッグがオプション扱い。
中古で購入する場合は確認しよう。

【注意点④】4WDの必要性は居住地域と使い方による

男なら(?)、ついつい、力強い4WDを選びたくなる。

しかし、4WDのハイエースは2WDに比べ、90万円近く高い!(新車の場合)

本当に4WDが必要なのか、よく考えよう。

4WDを必要とする人は、こんな方!

4WDの威力が発揮するのは、やはり雪道だ。

つまり、4WDを必要とする人は、

  • 雪国に住んでいる
  • スキーに車でよく行く

これに該当しない場合は、4WDを買う必要はない。

なぜなら・・・

2WDの方が約90万円も安い!(新車の場合)


4WDを選ばなかったら、その分お値段も安くなる。

新車の場合、4WDより2WDのほうが約90万円も安い。

ちなみに、私はスキーによく行くが、雪道の車移動が嫌いなので、4WDは選んでいない。

スキーは新幹線に限る。
ビールも飲めるし、居眠りもできる。
最高だ。

あなたの車生活に雪があるのか、よく考えよう。
90万円はガソリン代に回そう。

【注意点⑤】ディーゼルエンジンの必要性はほぼ無い

ディーゼルのほうがパワーがあるし、軽油は安い!

と考えてディーゼルを選びたくなるが、ファミリーカーとして使うなら、その必要はほとんどない。

ディーゼルのパワーが必要なのは、非常に重い荷物を運ぶことが多いケース。

ファミリーカーとして利用する場合、運ぶものは、嫁と子供と遊び道具ぐらいだぞ。

ガソリン車のほうが約60万円安い

軽油はガソリンよりも確かに安い。
しかし、車体の値段が約60万円高くなる。

軽油のほうが約20円安いが、60万円の元を取るには、3万リットル必要だ。

燃費を10km/lとすると、30万キロ分走ってペイだ。
年間1万キロ走ったとしても30年かかる計算。

よって、ディーゼルを選ぶ必要性はナシ。

【注意点⑥】マジで見えずらいインナーミラー

ハイエースは長ーい車。
車のほぼ先端に運転席があり、その後ろに後部座席、荷室と続く。
車のお尻ギリギリまで荷室だ。

そのため・・・

・インナーミラー越しに後続車の把握が難しい
・バックで駐車も難しい

ハイエースの後方をぶつけてしまうこともあるだろう。

実際、街を走るハイエースを観察すると、後ろのバンパーが凹んでいたりすることも多い。

しかし、心配ご無用。

デジタルインナーミラーで後ろが丸見え

デジタルインナーミラーを取り付ければ、後ろが丸見えになる!

後ろを擦ったりぶつけたりする前にデジタルインナーミラーを取り付けよう。

DIYで取り付けも可能だ!

【いやん!後ろが丸見え】ハイエースにデジタルインナーミラーを後付け!おすすめランキング!  アイコン名を入力 ハイエースを購入したぞ!サイドミラー、インナーミラーをセットしていざ発進! ナニコレー、後方の状況が全然わから...

【注意点⑦】ゆっくり走ろう 風が強いと煽られる

ハイエースは、大きな箱だ。
そこに強風が当たると、車が結構煽られる。

風の強い春先に高速道路に乗ると、風でかなり揺れる。

ハンドルも煽られて、ひやひやすることがある。

しかし、落ち着いて、ゆっくり安全運転すればよい。

そもそも、走り屋の車じゃない。

家族も乗っているファミリーカーだ。

安全運転で行こう。

【注意点⑧】内輪差だけ気を付けよう、そうすれば普段使いも余裕

ハイエースは、車体が大きく見えるので、ちょっとした買い物等、ファミリーカーとしての普段使いが難しいのでは、と思うかもしれない。

しかし、全然余裕。
毎日、街を観察してごらん。
ハイエースがいっぱい走っているよ!

ハイエースはプリウスとほぼ同じサイズ!

プリウスハイエース
ロングバン×ナロー×標準ルーフ
キャラバン
全長(mm)448046954695
全幅(mm)174516951695
全高(mm)149019801990

みんなびっくりするだろうが、プリウスとハイエースの全長、全幅はほぼ同じ。
ハイエースの全長が20cmほど長いだけ。
しかし、全幅はハイエースのほうが5cm細い!

あたりまえだけど、天井高はハイエースの方が高い。
高さはあるけども、大体の立体駐車場は2.1mまで大丈夫なので、問題なし。

だから天井の高いプリウスと思って乗ればよい。

ハイエースはプリウスよりも小回りが可能!

この話を聞いた時、まさかと思った。
でも実際こんな感じ!

プリウスハイエース
ロングバン×ナロー×標準ルーフ
キャラバン
最小回転半径(m)5.55.2

つまり、ハイエースは、体積があるけども、小回りがきく、器用な車ということだ!

ハイエースが普通の乗用車と違うのは、ボンネットがないところ。
まるでブルドッグ。

ハンドルを切るときも、ギリギリまで近づいて、曲がることができ、狭い道も意外とイケる。

【注意点⑨】安心してください 煽り運転はされにくい

「煽り運転」とググると「ハイエース」がでるほど、ハイエースで煽り運転は密接な関係のようだ。

ハイエースに乗っていれば、周りからは「煽り運転されるかもしれない」と、逃げてくれるので、ゆったり走ることができる。

わざわざ煽り運転といえばハイエースに対して、煽ってくる奴はいない。

だから、安心して運転しよう。

【注意点⑩】盗難に気を付けよう ワーストトップ10にランクイン

ハイエースは中古でも世界で人気のため、盗まれやすいようだ。

盗んだハイエースを日本で転売したら、悪い奴はすぐ見つかる。

だから、悪い奴はスケールの違うことを考えている。
大陸にに運んで、売り払う。

大陸に持っていかれたら、取り戻せない。
盗難されないように対策はしておこう。

まとめ

以上、ハイエースの購入を考えている人向けに、10個の注意点を解説した。

ハイエースの購入を検討している人は是非参考にしてほしい。