車中泊装備

ハイエースで家族3人車中泊の最適レイアウトは?快眠の秘訣は〇〇の活用!

アイコン名を入力

親子3人、ハイエースで車中泊の旅をしています。

子供が小学生になり、荷室で川の字で寝るのは限界。

快適に寝る方法はないでしょうか。

アイコン名を入力

子供は毎年ぐんぐん大きくなります!

一緒に遊んでくれる間はできるだけ車中泊をしたい!

でも、寝るのが辛くなると、体に無理がでます。

親子3人で快適に寝る方法を開発したので、お試しあれ!

ハイエースの荷室に親子3人、川の字で寝るのが辛い理由

シングル、セミダブル、ダブルベッドのサイズで何人寝れるか考えよう

シングルサイズは幅100cmでおひとり様用。
セミダブルは、幅120cmでラブラブなお二人で寝れるサイズ。
ダブルは、幅140cmで、落ち着いたお二人が寝れるサイズです。

ハイエースの荷室はの内寸サイズの一番広いところは152cmですから、

ハイエース・ナローはダブルベッドサイズ

と考えるのがよいでしょう。

ダブルベッドサイズなら、一人当たり70cmの幅が確保できるので、大人二人ゆったり寝れます。

しかし、小学生の子供が追加されると、一人当たり50cmになります。

50cm幅で寝るのは、棺桶よりも狭い

試しに50cm幅で、両隣に人がいる状態で寝てみましょう。

かなり窮屈に感じるはず。

それもそのはず、棺桶よりも狭い状態なのだ!

狭いと何が支障あるのか?

狭いから寝返りを打てない

狭すぎるため、寝返りを打とうにも打てません。

その結果、ぼんやり目が覚めて、体を起こして、寝返りを打つ。

睡眠が分断されるため、熟睡した感じがしない。

起きても、疲れが残る。

狭くても子供の寝相は悪い

子供の寝相は100%悪いのか、わからないが、うちの子はかなり悪い。

狭いところでお構いなしに、親の体の上にゴロゴロしてきたり、エルボーをかましてくる。

そのため、さらに我々の睡眠が分断されるのだ。

親子3人快適に車中泊する解決策

親子3人がゆったりと快眠できる、配置はこのパターンだ。

子供には横向きに寝てもらって、大人は縦向きに寝る。

ハイエースならば可能な配置だ。

ほぼ同等サイズのキャラバンも可能だろう。

後部座席に子供ベッドを作る方法

①まず後部座席をたたむ

後部座席ををたたむと、背面は、平らで、傾きの無い面が現れる。

しかし、後部座席と前列シートの隙間が大きい!
ここに子供が落ちたら大変だ!

②板で蓋をする!

隙間を覆いかくせるように、板で蓋をする。

③キャンプ用マットを敷いて完成

この状態で、キャンプ用のマットを敷いてあげよう。

これで就寝スペースができた。

あとは、この上にタオルケットやシーツを敷いて、寝やすい環境を整えよう。

板のサイズ

板のサイズは91cm x 51cm。
厚さは12mmの合板を使用。

我が家のハイエース・ナローではちょうどのサイズとなりました。

ホームセンターで、91cm x 91cmのサイズがあります。

カットサービスで91cm x 51cmに切ってもらいましょう。
ラクチンです。

ワンカット10円ぐらいでしょう。
店舗によっては、5カットまで無料など、色々あるはず。

運転席、助手席、センターコンソールの後ろのステップに、足で支える

左右の長いほうは16.8cm。
真ん中は8.9cm。2×4材で、4のほうのサイズです。

収納を考え、長いほうの足は取り付け・取り外し可能に。

収納しやすいよう、取り付け、取り外しができるようにした。

取り付けは穴とダボ。

3泊4日の車中泊でも快適と証明された!

過去、車中泊の旅は1泊が精いっぱい。

親子3人、川の字で寝ると、体も痛く、寝ても疲れが残り、早く家に帰ってベッドで寝たかった。

しかし、広々と寝れる空間を作った結果、史上最長の3泊4日の車中泊の旅を達成!

5/2の夜 赤城高原PAで一泊

5/3の夜 新潟県十日町の道の駅 クロステンで一泊

5/4の夜 寄居PAで一泊

朝の目覚めの爽快感は素晴らしく、素晴らしい車中泊の旅ができた。

満足度プライスレス!