快適な車中泊!オススメの車は?

【フォレスターで車中泊】段差の少ないフルフラットで安眠可能!

スバル・フォレスターは、落ち着いた外観でありながら、アクティブな走りを可能な車。アウトドア好きな層にも人気の車です。

ファミリーカーというよりは、走るのが好きな、落ち着いた大人の男性が乗るイメージですね。

さて、フォレスターで車中泊ができたら、日本全国走りまわりに、旅ができますが、寝心地はいかがでしょうか?

フォレスターのフルフラット時の隙間、凸凹はどんなもの?

まず、大事なのが、シートがフルフラットになるか、その時の凹凸がどんな具合か確認が必要です。これが、平らであればあるほど、寝心地がよいです!

フォレスターは写真のように、かなりフラットな状態を作ることができます。しかし問題は、運転席・助手席とと後部座席に隙間ができること。トランクの端から、隙間までは153cm。この隙間を埋めれば190㎝まで確保できます。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/utility/utility.html

フォレスターで寝てみよう

フォレスターで車中泊を試した方のYoutubeを見ますと、フルフラット時の面には、若干の段差があるようですね。

後部座席の間の隙間を埋めて、頭を載せる場所を確保していますが、頭を前に持ってくるから、考えることが多くなりますが、トランク側を頭にすれば、楽になるのではないでしょうか?

座席の段差を吸収するマットレス

フォレスターぐらいの若干の段差であれば、10cmの厚手高反発なマットレスを敷くことで、段差を消すことができそうです。


フォレスターに何人まで車中泊できる?

フォレスタの場合、寝床として使える大きさは

横幅約110cm(ホイルハウス間)、長さ190cm

です。大体セミダブルベッドの大きさです。

一人で車中泊の旅なら、余裕です。
ラブラブカップルで寝るか、大人一人と子供一人が快適な空間ではないでしょうか。

小さいお子様一人と両親であれば、ギリギリ行けるかもしれませんが、子供の寝相は悪いので、隙間に落ちたりしないよう注意が必要ですね。

結論:フォレスターはお一人様車中泊にはもってこい!

  • フォレスターのフルフラットは、かなり平らになる。
  • フルフラット時の若干の凹凸は、高反発ウレタンマットレスで吸収しよう。
  • 快適に寝れる人数は、大人1名は余裕。大人2人(ラブラブカップル)、か、大人一人と子供一人、でしょう。

車中泊しながら、日本中を走り回る、というのも楽しそうですね。